内部結露の計算

省エネ法が施行されているが、その評価の中には内部結露に関する規定はない。湿気はエネルギーを少なくすることには貢献しないからであるが、外皮設計をクリアするには断熱材を入れることになり、内外に温度の敷居ができてくる。その中に急激に温度変化するところが内部結露の恐れがある。
調査を進めている建物の透湿抵抗比を計算し露点温度を算出してみた。
問題は室内の気密性である。防湿シートを室内に張り巡らすと防湿性が高まり、壁内で湿気が急激に変化する部分が生まれる。断熱における温度と防湿シートにおける湿度の急激に変化する部分が異なるため、壁内はきわめて不安定な温熱環境が生じてしまう。
結露は断熱と気密性に深くかかわるので温熱環境の中でもう少しきちんと説明しなければいけないと思う。このケースでは、気密性は低くなるが防湿シートを入れない方が結露が起きにくいと判断した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です