豊洲観光拠点計画再スタート

本日の東京新聞で豊洲の止まっていた観光拠点計画が再び開始される。小池知事の一連の騒ぎで豊洲のとん挫していたプロジェクトの一部で、万葉倶楽部がオリンピック後に着工して「賑わいを作り出す」という名目で行う。豊洲を一度訪れた人ならばわかるが、役所的な「賑わい」が必要としない場所である。埋めた地なので、高速道路や物流センターの倉庫が立ち並ぶ地域でヒューマンスケールを感じられない巨大な構造物がいたるところに散在している地域で賑わいはいらない。
空気も悪いしアクセスもいい場所とはいいがたい。小池知事の政策は最近見えてこない、人気とは別に着実で地道な活動をしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です