ITによる重要事項説明も可能

設計契約を締結する際に行う、重要事項説明がコロナ禍の影響で対面説明ができなくなっている。5月1日の国土交通省住宅局建築指導課の通達でITによる取り決めでも一時的に認めるという指針を出した。細かいことのようにも思えるが、契約にかかわる説明なので後々トラブルにならないように慎重に対応する必要があると思う。

そもそも中小規模の設計事務所であると、重要事項を説明する前にかなりの図面を提示し納得を得てから契約に進むのでそもそも形式的で、儀式的な意味が強い。それでも国の考え方が明確にあると、施主にきちんと説明できるので何よりもうれしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

大津視察

次の記事

レオパレスの施行不備