東京デザインウィーク火災事故

2016年の秋に神宮外苑の東京デザインウィークのイベントで幼児が火災で亡くなる事故がおこった。その民事裁判が始まろうとしている。被告である被害者の両親がイベント運営会社TokyoDesignWeek(TDW)に提訴した。2月10日にすでに日本工業大学に対して賠償訴訟起こしている。検察による訴訟については事件にかかわった学生2人は在宅起訴、指導教員とTDWの役員職は不起訴処分になった。事故といえ、未然に防ぐことは容易に考えられるだけ、被害にあったものはやるせない思いがあるだろう。安全という概念は、危険という状況をイメージできるかというのがポイントで、それには実体験がなければ予知できないと私自身は思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

レオパレスの施行不備

次の記事

リフォーム模型