土のゲストハウス構想

どんな設計に対しても模型を常に作ることにしている。一つは、プロジェクトは常に現実には三次元であるので、紙ベースで考えていても立体的に把握できない部分が出ていしまうので、その部分を把握する意味でもある。もう一つは、どんな空間でもスケール感は必要であり、内部に入った時のイメージや構造の形式を作りながら考えるためでもある。

粘土の模型はほとんど作らないが曲面が多いときは採用する。意外と形の自由度は効かないので苦労する。(あまりにうまくいかないので少し画像処理してみた。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です