本物志向の集合住宅2

ピロティのある集合住宅模型

道路との段差を意識したピロティのある集合住宅

ピロティのある集合住宅パース

内部はメゾネット形式で大きな空間を目指している。

 

集合住宅は基本他の人に貸す部分が多いため、極力スペースを切り詰めていきたいと思う志向が働く。しかし快適な生活はだれしも望むものであるのでできる限り豊かな空間を目指すことも同時に考えなければいけない。この2つの相反する考えである。一人の頭の中で試行錯誤を繰り返し、形を決めていく。大方突き詰めた結果はシンプルなものに落ち着く。この模型も長い間試行した末の結末である意味簡潔な構成をとっている。

考えることは重要でだれもがしていることであるが、その質が常に問われていると感じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

本物志向の集合住宅1