原木から家具の製作

家具作りをワークショップで制作を進めています。原木を切り出すことからはじめています。「切った木を山から降ろすのが大変で、植林したいい木が台無しになっている」とよく話に聞いているので、切った木を平地に下さず加工して家具を作ろうという、夢のようなアイデアを実際に行っています。駐車場のわきの杉の大木を切り倒したので、うまくいかなくても自動車で引っ張り出せばうまくいくだろうと高をくくっていましたが、予想以上の重量で車でのけん引はロープが切れ失敗でした。
そこで倒れた大木を動かさず、板にしようということで長いチェーンソーで縦切りをしました。板材にした材でさえ2人で移動するのがやっとで、「山から木を下す」ということの難しさを肌で感じました。芸術祭の開催日に間に合うか少しドキドキし始めました。

自然素材に関する建築設計のご質問・お悩みがありましたら、お問い合わせください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    レオパレス21の問題

    次の記事

    めがね橋