大津視察

コロナの長い自粛生活に疲れててしまったが、他県への移動解禁で早速滋賀県大津の古い家の視察をした。おそらく大正時代か昭和の初めのものと思われる建物で障子やふすまなどにいろいろな装飾が施されている。これをどのように改修していくのかはっきりはイメージできていないが、何となくゴールがつかめてきた。やはり現場に行くことが問題の解決を導いてくれる。

自然素材に関する建築設計のご質問・お悩みがありましたら、お問い合わせください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    講演会