自然素材講座 基礎周り

基礎と土台

木造建築で一番難しい部分は屋根と基礎です。どちらも住む人の生活を支える大切な部分でありますが、専門家任せの部分だと思われますが、できる限りわかりやすく解説していきたいと思います。
基礎は、木造の場合でもコンクリートか石を使うことになります。理由は、木は腐るからです。地面に接していると湿気などによって耐久性を失うからです。基準法としては地面から30センチ離すことが義務付けられています。実際には40~50㎝ほどの高さの基礎を建物の外周をはり巡らせます。その基礎の上に土台と呼ばれる材木をおいていきます。土台は基礎の上しかないのでそれ以外の部分は、石やコンクリートの基盤の上に束を立て大引と呼ばれる横架材をおおよそ90センチピッチに並べます。
大引・土台は湿気を含んだ空気に接するため腐りにくいヒノキやヒバといった材を使用します。CCA材などの防腐処理材もありますが、自然素材を志向する考えではCCA材は避けたいところです。また年月経つと薬品がなり腐る恐れもありお勧めしません。

ころばし床

基礎の高さよりも低い位置に床をつくる場合に使用する方法です。ご覧いただくとわかるように床下喚起や人通口などはありません。メンテナンスが難しく床下の通気に対して細心の注意が必要です。基礎の立ち上がり部分に開口部を積極的に開けるなどを施し、湿気対策を万全にする必要があります。狭い環境で内部空間を最大限にする手段として用います。

大引と基礎の接合

大引と土台の高さがずれる場合があります。その時には土台を掻きこんだり、補強の材(根がらみ材)を入れたりして土台と大引を一体化させます。基本的には大引きの高さに合わせて床をつくっていきます。

掻きこむと大引と土台が一体化して強い床ができます。しかし掻きこむことによって水平な床をつくるときにはかえって手間がかかるので通常は乗せ掛けを選びます。また床束も高さ調整の可能な鋼製束を使用する場合もあり、水平な床をすることを優先して造作していきます。

大引きの反り対策

土台は基礎のうえに置かれるので材のゆがみはボルトで固定して動くことはありませんが、大引は反る場合があり、床なりのなりの原因になります。それを防止するには下図のようにワイヤーや番線で基礎と一体にする必要があります。大きな部屋の床には大引の反りに注意する必要があります。

根太と大引の接合

大引の上に根太を並べます。一般的には45センチピッチでピアノなどの重量物を置く所では25センチピッチなど対応していきます。根太のゆがみを考えると掻きこんだりすると強くなります。大引の造作と同様に床をフラットにするために高さを調整する必要があるので職人にとって簡素な造作が好まれます。