自然素材講座 墨付け

無垢材の墨付け 昔の民家の中に入って見上げた時に大きな大木の梁がダイナミックにかかっているのを目にするが、いつもよくやっているなと感心してしまう。現在はプレカットが主流になり、めったにこのような梁を新築で見ることはない。 […]

続きを読む
自然素材講座 基礎周り

基礎と土台 木造建築で一番難しい部分は屋根と基礎です。どちらも住む人の生活を支える大切な部分でありますが、専門家任せの部分だと思われますが、できる限りわかりやすく解説していきたいと思います。基礎は、木造の場合でもコンクリ […]

続きを読む
自然素材講座 木組み

木組み 木造建築を考えるうえで重要な部分は木組み(構造)です。木材の性質上丸太よりも四角い材の方が加工のしやすいため一般的に四角い部材で構成されます。垂直方向の部材を柱、束と呼ばれ、水平方向の部材は梁、桁、大引など部分に […]

続きを読む
自然素材講座 集成材の種類

集成材の種類 集成材 ラミナを繊維方向に平行に接着してつなぎ合わせたもの、構造計算することができ大規模な建築の構造材として使うことができる。汎用性が高く1950年代から普及している。 主な原料 スギ、ヒノキ、マツ、ベイツ […]

続きを読む
自然素材講座 材木の乾燥

2021年12月16日 最終更新日時 : 2021年12月16日 minamino 材木の乾燥 立ち木を伐採した時には原木内には大量の水分を持っている。その量は樹種によって異なる。針葉樹では、辺材は芯材よりはるかに高い含 […]

続きを読む
自然素材講座 材木の品質

樹種と部位 木材の品質を考える前に、木材を建築に使うときに樹種によって使用箇所が異なる点が挙げられる。特に基礎廻りなど耐久性を必要とする部分には桧やヒバなどの耐水性に優れている樹種を選定する。また室内の意匠的な部分にはス […]

続きを読む
自然素材講座 材木の規格

材木の規格 木材の呼称 小口 繊維方向に角度をもって切った切断面 木端 小口以外の面 成  使用する部材の断面の鉛直方向の長さ 特に梁に高さ(成)は構造の強度を示しているので重要な数値となる。 木材の規格 主に板類、挽割 […]

続きを読む
自然素材講座 木材の収縮による狂い

木材の収縮による狂い 乾燥していない材で製材をすると乾燥すると狂いが生じます。乾燥していない材は意外と多いです。木取りした材が基本的に樹皮の方向(木表)に縮んでいきます。樹芯に向いている部分を木裏といいます。特に樹皮に近 […]

続きを読む
自然素材講座 木取り

木取り 丸太から四角い製材にしていくことを木取りといいます。木取りは建物の使用する箇所に応じて材をとっていきます。基本的に乾燥収縮と木目の状態が木取りの重要な要素となります。また、木取りをした状態で材の価値が決まっていき […]

続きを読む
自然素材講座 丸太から材木へ

材木の玉切り 伐採された木は、まず大まかに輪切りします。この作業を玉切りといいます。玉切りは切り出した山もしくは山間の製材所で行われます。トラックで搬送しやすいように4m以下ごとに切っていきます。構造材の中には4m以上の […]

続きを読む