墓地の拡張コンペの配置計画。 傾斜地にある大きな墓地の拡張改修で3つの楕円を基本に造形を組み立てています。既存の直交グリッドの墓地とは交わらず別のものとして拡張していく考え方です。

右手の駐車場が斜面に沿って配置していますが、その部分は今になってみれば入選どまりの理由かもしれません。

断面図を見ると傾斜地に対して低い部分では少しせりあがった人工地盤を形成しています。この半分室内のような空間が全体の入口になっています。

お問い合わせ

自然素材に関する建築設計のご質問・お悩みがありましたら、お問い合わせください。