自然素材講座 第6回 木材の乾燥

木材の乾燥 立ち木を伐採した時には原木内には大量の水分を持っている。その量は樹種によって異なる。針葉樹では、辺材は芯材よりはるかに高い含水率を持っているが、広葉樹では芯材の方が含水率の高いものもあるが、大方辺材、芯材の含 […]

カテゴリー
自然素材講座
続きを読む
自然素材講座 第5回 木材の品質

樹種と部位 木材の品質を考える前に、木材を建築に使うときに樹種によって使用箇所が異なる点が挙げられる。特に基礎廻りなど耐久性を必要とする部分には桧やヒバなどの耐水性に優れている樹種を選定する。また室内の意匠的な部分にはス […]

カテゴリー
自然素材講座
続きを読む
自然素材講座 第4回 材木の規格

木材の形状と規格 木材の呼称 小口 繊維方向に角度をもって切った切断面 木端 小口以外の面 成  使用する部材の断面の鉛直方向の長さ 特に梁に高さ(成)は構造の強度を示しているので重要な数値となる。     木材の規格 […]

カテゴリー
自然素材講座
続きを読む
自然素材講座 第3回 木編 木材の収縮による狂い

木材の収縮による狂い 乾燥していない材で製材をすると乾燥すると狂いが生じます。乾燥していない材は意外と多いです。木取りした材が基本的に樹皮の方向(木表)に縮んでいきます。樹芯に向いている部分を木裏といいます。特に樹皮に近 […]

カテゴリー
自然素材講座
続きを読む
自然素材講座 第2回 木編 木取り

木取り 丸太から四角い製材にしていくことを木取りといいます。木取りは建物の使用する箇所に応じて材をとっていきます。基本的に乾燥収縮と木目の状態が木取りの重要な要素となります。また、木取りをした状態で材の価値が決まっていき […]

カテゴリー
自然素材講座
続きを読む
自然素材講座 第1回 木編 材木の玉切り

材木の玉切り 伐採された木は、まず大まかに輪切りします。この作業を玉切りといいます。玉切りは切り出した山もしくは山間の製材所で行われます。トラックで搬送しやすいように4m以下ごとに切っていきます。構造材の中には4m以上の […]

カテゴリー
自然素材講座
続きを読む
日本の木材自給率 令和2年木材需給表から

自給率は 約半分  10年連続の上昇 木材自給率はどうなっているのかということが日本森林を見るたびに考えてしまいます。まずは林野庁のデータをもとに木材自給率はどうなっているのか考察していたいと思います。木材需要は毎年70 […]

カテゴリー
自然素材の考え方
続きを読む
土地探し・物件探しの建築士からのアドバイス(その2)

この回は、実際に敷地を見学するときに気を付けておきたいことを述べていきたいと思います。前回と例を挙げながら解説していきたいと思います。 1、歩いて広さやスケール感を体感する。 やはり実際に物件を見ていくのがいいです。感覚 […]

カテゴリー
自然素材の考え方
続きを読む
土地探し・物件探しの建築士からのアドバイス(その1)

建築を建てようと思っている人の多くは、建物のデザインをいろいろ考える前にどこに住むのかという大きな問題にあたります。土地探し、物件選びは、一生涯腰を据えるかもしれない大切な選択です。できるだけ多く情報を集め、最良のものを […]

カテゴリー
自然素材の考え方
続きを読む
壁画修理

戦後間もない時に製作されたモザイク壁画の修繕計画です。建物の解体に伴い絵画だけはぎ取ってきたものです。解体最中に切り取られたとのことでかなり破損の多い状態で持ち込まれてきました。修復するにもキャンパスが脆弱であったためま […]

カテゴリー
construction site
続きを読む