1000㎡以上の工場内の内部を展示会場としているので、ピンポイントのデザインでまとめ上げることがテーマになっています。外壁は少し青色の半透過性のガラスに代わりました。手前には人工芝を敷きました。

手前を塗床塗装としました。1000㎡もの床を一気に仕上げてもらいました。これほど大きいと大きなクラックの床も塗ってしまえばわからなくなります。

床は2色として工作機械と同じ色にしています。鉄骨むき出しの小屋組みにも合っています。

すっくきりした空間にバナーなど少し華やかなものも添えてまとめています。

工作機械も洗練されたデザインとなっています。特殊加工の精度において建築とは違うち密さがこの工作機械にはあります。

プロフィリットというこの字に曲げたガラス加工材を外壁に張りました。足場を立てずにリフトだけで施工をしました。

工場の脇には製品の検査室を設けました。大きなスパンの柱の中に小さな部屋を作るのは意外と大変でした。

工作機械の製品の脇に大きなオブジェを作りました。

工場の中にオブジェを作り少し、リラックスできるスペースを作りました。

工場の中に家具を設置しましたがあまりの大きさにミスマッチな感じです。

商談スペース用のドームを考えました。

お問い合わせ

自然素材に関する建築設計のご質問・お悩みがありましたら、お問い合わせください。