屏風型のファサードを持つ家。シンプルな形状ですべてを覆うことを設計のコンセプトにしました。

左官を前面に施した東側のファサード(左官 久住有生)

照明からテーブルまでハンドメイドです。テラスに置かれている椅子は、子供のためにデザインしたものです。

外壁は左官と板で仕上げています。

今まで杉や土壁といった見慣れた自然素材ですが、伝統的な和風にならないようにデザインしています。

キッチンとダイニングを一体にした空間にしています。

テラスとダイニングが一体になるように開放的な開口部を考えました。壁が折れているので特注した部分です。

内部も左官と杉板をメインに仕上げています。

2階天井は土壁と和紙のコンビネーションです。

東側のファサードがそのまま天井になった造形で構造的にも連続した形状にしています。

模型を見ながら完成予想図を描いて大きさを検証しています。

内部のしつらえも手作りです。

自然素材のいいところは修正も付けたしも自由にできるところです。

大きく折れた天井も手作りです。三角形の折れ点や頂点の重なりの部分は施工で苦労した部分です。

小さい住宅を自由に作り上げることができるのは自然素材を使っているからです。きちんと設計して製作を行えば後悔することはなく、思うような楽しい空間ができると思っています。

お問い合わせ

自然素材に関する建築設計のご質問・お悩みがありましたら、お問い合わせください。